Drag

WE HAVE STARTED
“TABISURU MAISON".

AROMA

NAMA

CHOCOLATE

AROMA

NAMA

CHOCOLATE

GATEAU

AU

CHOCOLATE

GATEAU

AU

CHOCOLATE

NAMA

CHOCOLATE

COOKIE

NAMA

CHOCOLATE

COOKIE

CACAO

SUPER

FOOD

CACAO

SUPER

FOOD

CACAO

DRINK

CACAO

DRINK

NAMA

CHOCOLATE

TART

NAMA

CHOCOLATE

TART

CACAO

SKINCARE

CACAO

SKINCARE

PRODUCT CONCEPT

驚きの口どけ。忘れられない香り。想像を超える掛け合わせ。心躍るデザイン性。
まだ誰も出会ったことのない商品を生み出し、驚きの体験を提供することにこだわりを持って私たちは「未知」のチョコレートを作り続けています。

山梨の笠井農園と幻の桃 ”幸茜”

栽培地が限られ、生産量が少なく「幻の桃」と称される”幸茜” 。水はけが良く日照時間の長い甲州市は桃づくりに最適とされ、笠井農園では10種以上の桃を栽培しています。丁寧に剪定し、1つ1つの桃に栄養と陽がしっかりと当たるよう栽培しています。中でも”幸茜”は大粒でしっかりとした果肉と甘みが濃い品種で、チョコレートと合わせるのに最適です。

桃のヴェリーヌ 幸茜

甘みの強い”幸茜”を一番美味しく食べられるバランスにこだわった、。4層仕立てのカップデザートです。下から甘酸っぱいベリーのソース、優しい甘さのはちみつのムース、カカオの果汁部分から作ったカカオビネガーのさっぱりとしたゼリーに、濃い甘みの”幸茜"を贅沢にトッピングしました。

Shop

Kamakura / Hase / Ofuna / Yokohama /Shinjuku/Chocolate Bank

Price

600+tax

桃のロールケーキ 幸茜

ホワイトチョコを練りこんだ滑らかな生地に和三盆のクリームと大きくカットした幸茜を贅沢に使用したロールケーキ。 

Shop

Ofuna/Chocolate Bank

Price

500+tax

生チョコプリン 桃と紅茶

幸茜をそのまま荒ごしのピューレにし、なめらかなアールグレイのプリンと合わせました。

Shop

Kamakura/Hase/Yokohama/Ofuna/Shinjiku/Chocolate Bank

Price

400+tax
2020.08.27

TRAVELOGUE

7月上旬から8月上旬が旬とされる桃。柔らかな果肉とほんのり上品な甘さに、夏を楽しみにする人も多いのではないでしょうか。
ところが石原が桃の収穫に向かったのは8月も終わりかけた暑ーい晩夏の朝。通常は桃は終わりとされるこの時期に、チョコレートに最高に合う極上の素材を求めに来たのです。

降りたったのは、山梨県甲府盆地。日照時間が長く、水はけのよい砂状土のため、昔からこの地域は桃の栽培に最適と言われてきました。ここに桃作りの達人がいる。個性の異なる10種類以上の品種を丹精込めて作る笠井ご夫妻からは、桃への深い想いと愛を感じられずにいられません。

土づくりと丁寧な剪定で、1つ1つの桃に栄養と陽をしっかりと行き渡らせることが、美味しい桃作りに大切なこと。「どんな時も仕事は楽しく、その気持ちが桃にも伝わるからね。収穫が終われば『お疲れ様。ありがとう。』と語りかけるの」そう語るのは笠井さんの奥様。二人の手によって、石原が求めた幻の桃、”幸茜”は作られています。

”幸茜”は、8月の下旬に収穫時期を迎える晩成種。幻と言われる由縁は、ごく限られた産地でしか作られておらず、生産量が少ないため。両手でもこぼれる程大粒で、しっかりとした果肉と濃い甘みを持っています。桃は優しく上品な香りと味わいが特徴。そのまま食べると最高級のおいしさでも、実はチョコレートと合わせると桃の香りが負けてしまいます。”幸茜”の強い個性は、コロンビア産の香り高いチョコレートと合わせても、むしろ合わせると桃の華やかさとみずみずしさを豊かに味わうことができる、まさに、石原にとっても「幻の桃」なのです。

石原が収穫に向かった日は運良く快晴!
桃には収穫タイミングがあり、1日でも早すぎたり遅すぎたりしてはダメ。油断すれば熟しすぎて落ちてしまうのです。どんな大雨の日でも、桃ひとつひとつの状態を見極め、ベストなときに摘み取ります。
「石原さんはラッキーね。この前もどしゃぶりの中収穫したのよ!」そう笑う笠井ご夫妻からは、苦労の色は一切見えず、むしろ気まぐれな桃栽培を楽しんでいるようにすら見えました。”幸茜”の大粒でしっかりとした果肉、おもわず笑みがこぼれる濃い甘みは、愛情をたっぷり受けた証なのかもしれません。

笠井さんの奥様が教えてくれたとっておき。
桃のピクルスと桃の紅茶漬け。「香りと甘味がより広がっておいしいのよー!疲れたときにもぴったり!」
そこからヒントを得て、ビネガーゼリーやはちみつムースなど4層重ねの「桃のヴェリーヌ 幸茜」や「ビネガーソーダ シャインマスカット」、「生チョコぷりん 桃と紅茶」の季節限定商品は生まれました。

「この子たちを是非おいしくしてあげてね」笠井さんご夫妻の想いを受け継いで。今だけ、ここだけ。こぼれるほどの極上の旬の味をどうぞ召し上がれ。

OTHER TRAVELOGUES