創造
Unconventional Creation
創造
遊び心とアート
真剣さから生まれる遊び心。
独自のクリエイション。

製品づくりに真剣に向き合うほど、遊び心が生まれる。それがメゾンカカオならではのクリエイションです。たとえばカカオ。品種はもちろん、発酵や調合に0.1%の精度でこだわり、繊細な香りを表現する。たとえば素材選び。イチジクの葉やコブミカンなど、通常ではありえない素材をあえて選んでみる。たとえば素材の合わせ方。シードルとチョコレートなど、意外な掛け合わせを楽しむ。さらに、カカオと魚を合わせた「カカオ料理」という世界に類を見ない境地を開拓する。常識にとらわれない真剣なクリエイション。そこに垣間見える遊び心は、つねに想像を超える驚きとおいしさをもたらしてくれるのです。

創造
サイエンス
サイエンスとアート。
その不可分の結びつき。

製品づくりにおいてアート性を追求するメゾンカカオ。しかし、それは感性のみを重視することではありません。アートとサイエンスは不可分の関係にあり、サイエンスこそはアート性を高めるロジックです。その象徴ともいえるのがメゾンカカオのアロマ生チョコレート。日本人の唾液量は欧米人の半分以下という事実から水分量を限界にまで高めるチョコレートを着想。乳化する温度帯の調節を繰り返し、最適な水分含有率を算出することで水分量15%以上という生チョコレートが誕生しました。日本人の舌に合う、驚くほどやさしい口溶けはサイエンスの賜物なのです。

創造
クラフト
クラフツマンシップ、
アルチザン、そして職人技。

英語ではクラフツマンシップ。フランス語ではアルチザン。言語は違えど、「職人技」への敬意は世界共通。メゾンカカオも徹底して手仕事にこだわり、チョコレートの融解から、成形、焼成、製品の梱包に至るまで、すべての工程を人の手によっておこないます。チョコレートは微妙な温度変化にも敏感に反応するため、ショコラティエはその状態をつねに注視する。パッケージはお客様が最初に手にするものだから、心を込めて梱包する。細やかな心配りを積み重ねることでしかお客様にブランドのストーリーをお届けできない。わたしたちはそう信じているのです。