Journal

【人事インタビュー】

人の可能性を信じて引き上げていくこと。
それが人事の仕事だと思っています。

店舗マネージャーから人事へ
現在は人事に携わっていますが、もともとは接客を志望してメゾンカカオに入社しました。入社後、接客をおこなう「プレゼンター」になれたのはよかったのですが、ひと月後になんと新店舗のマネージャー(店長)という大役を任されることになりました。私は「接客が大好き」というタイプで、マネージャーを兼務できるほど器用ではないと思っていたので、最初はマネージメントというより、スタッフと共にひとつのチームをつくっていくことに注力しました。ところがある時、チームのメンバーが成長する姿に自分の心が動かされ、それを喜びと感じていることに気づきました。同時に、メンバーひとりひとりの成長がブランドをつくっていくという感覚も芽生えたんです。そのような意識はそれまでの自分にはなく、メゾンカカオで働くことで初めて生まれた感覚でした。以来、仕事観が変わり、プレゼンターという役割の重要さやその価値を店舗のスタッフにもっと伝えていきたいと思うようになりました。そんな折に、人事部への異動の話をいただき、店舗という枠を超えて社内全体にプレゼンターの価値を広めていけると思い、迷うことなく決断しました。

メンバーの成長が何よりもやりがい
人事とは「人の可能性を信じて引き上げていく仕事」と私は考えています。人事には裁量権があるだけに、自分が主役であってはいけない。主役はあくまでも現場にいる人たちで、自分はそれを影で支える存在でありたい。それが私の信念です。一方で、人が相手の仕事ですから、わからないところもたくさんあります。社員ひとりひとりの考えは違いますし、同じ人の中でも考えが変化することもある。だからこそ、人間のわからなさと向き合うのが人事の仕事と捉えて、自分の考えを押しつけることのないように、どんな人にもフラットに、柔軟に対応していきたいと思っています。そんな人事の仕事ですが、確実にいえることがひとつあります。それはメンバーの成長が何よりのやりがいということ。メゾンカカオにはメンター制度があって、私が新人全員の教育を担当しているのですが、新人のプレゼンターがマネージャーに褒められているのを見ると、心の中で本人以上に喜んでいます(笑)。また、店舗を訪問した際に「仕事がすごく楽しくて、メゾンカカオに入ってほんとうによかったです!」といわれた時など、仕事の疲れが吹き飛んでしまうくらい嬉しい。もちろん新人には新人なりの失敗や悩みごとがあって、毎日送ってもらうレポートには前向きな言葉ばかりが並んでいるわけではありません。それでも、トライアンドエラーを重ねながら着実に前進しているのがわかります。その成長のスピードには驚かされることも多いし、私自身もがんばらなきゃと襟を正されます。そういう意味では私もまだまだ成長している最中です。磨かれているといったほうが正しいかもしれませんが、日々の反省も糧にしながら多くのことを学ばせてもらっています。もしかしたら人生で今がいちばん成長しているかもしれませんね。

ブランドをつくる一員という意識
メゾンカカオに入って変わったことのひとつに、「ブランド」に対する意識があります。私が以前勤務していた会社は社長と話をしたことはもちろん、顔を拝見したこともないくらい遠い存在でした。メゾンカカオに入社して驚いたのは社長や役員がすぐ近くにいて、いつでも話ができること。マネージャー時代、自分がこうしたいと主張したことが翌日には実行できていました。そんな会社は自分にとって初めてでしたし、そういう環境に身を置くと、自分もメゾンの一員という意識が自然と強くなります。誰かひとりが成長すると、それに釣られるように、ひとり、ふたりと成長する人があらわれる。その輪が広がって、ブランドが成長していく。ひとりひとりがブランドをつくっていくという意識は、マネージャーからプレゼンターまで浸透していると思います。これからは私自身がメゾンカカオというブランドの理解をより深め、その価値をより多くの人に伝えていきたいと思っています。

すばらしい仲間がいる環境
メゾンカカオで働く大きな喜びのひとつに、魅力的な社員との出会いがあります。人としてリスペクトできる人たちばかりですし、みんな情熱的で、志が高い。そういう人たちに囲まれていると、不可能なんてないと思えます。仕事上のつきあいというと、割り切ったものになりがちですが、メゾンカカオではそういうことはなく、一緒にいてほんとうに楽しいんです。メゾンとは「家族」の意味で、その言葉通り、家族のような関係ですね。そして、ただ和気あいあいとしているだけでなく、自分を磨ける場所だとも思います。失敗を恐れて何もしないより、失敗してもいいから挑戦することを奨励される。私が入社してからの2年半前を見ても、メゾンカカオは信じられないくらい飛躍していると感じていますが、それはチャレンジする精神が社内にあふれているからだと思います。自分をもっと高めたい人。新しい挑戦をしたい人。ブランドづくりに興味がある人。どんな人にもメゾンカカオの扉は開かれていますが、とりわけ「人が好き」という人には最高の職場だと思います。そういう人と一緒に働けることを心から楽しみにしています。

Related News & Journal